定義ファイルを更新しました(0219版)

アプリ定義ファイル、1blocker、ABP形式、Mac OSX Safari機能拡張などすべて更新しました。Macの機能拡張版(2.3.0)は証明書を更新しましたので、機能しない場合は機能拡張をオフにして再度オンにしてください。

  • MAC OS X版の証明書期限切れに対応しました(ver 2.3.0)
  • safariをクラッシュさせるサイトのブロック
  • 巨大画像をダウンロードさせるサイトのブロック(naonao.edu)
  • ピクシブ百科事典の広告非表示
  • weblio辞書の広告非表示
  • 教えてgooの広告非表示
  • huffpostの広告非表示
  • togetterの広告非表示
  • Yahoo知恵袋の広告非表示
  • 8ballの広告ブロック
  • fc2 blogの下部広告対策
  • とある成人向けサイトの広告対策
  • その他サイトの広告対策

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年2月19日版のルールが有効ではないです。
2月11日版のルールは消えています。

WWDR証明書期限切れの問題について(safariの開発者向け)

2016/02/15にapple開発者向けの証明書期限切れの問題がありました。
iOSおよび、MAC APP開発者は有効期限切れのWWDR Certificateを削除して、更新すれば終わりなのですが、Safariの機能拡張の場合はこれだけでは解決しません。
OSをOS X El Capitan v10.11.4 beta 3にバージョンアップする必要があります。

https://developer.apple.com/support/certificates/expiration/

日本語ではどこにも情報がなかったので書いておきます。

定義ファイルを更新しました

コンテンツブロッカー280(280blocker)、1blocker形式、ADB形式、mac機能拡張のすべてを更新しました。

  • 新たに広告ブロック・非表示ルールを追加しました。
  • niconico.jpで検索が上手く動かない問題の対策をしました。(検証中ルール)
  • これまでの検証中フィルタはメインへ

不具合・広告報告ありがとうございました。
アドブロック対策に引っかかってしまう方は、他のコンテンツブロッカーが動いていないか、1blocker使っている場合は、BlockAdsなどの他のルールがオンになっていないか確認してください。70i.netで配布している定義ファイルのみを使用してください。

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年2月11日のルールが有効ではないです。
1月30日版のルールは消えています。

safari(Mac OSX)の機能拡張がsafariギャラリーに登録されました

Safari Extensions Galleryに280blockerを申請していましたが、無事通りました。(リンク

公式サイトからのダウンロードでした機能拡張追加時に警告メッセージが出ませんので、警告が心配な方はSafari Extensions Galleryからダウンロードしてください。
申請時期の関係で1つ古いバージョンにはなりますが、性能的にはほとんど変わりません。

ちなみに、iOS(iPhone,iPad)版のコンテンツブロッカーver2.1をapple storeに申請中です。
変更点は、アイコンの変更、このサイトへのリンクの追加、一部の英語表記を日本語へ修正など、細かな修正のみです。

定義ファイルを更新しました

コンテンツブロッカー280(280blocker)、1blocker形式、ADB形式、mac機能拡張のすべてを更新しました。

  • 主に広告へのリンクを非表示するルールを検証中フィルタへ40個ほど追加しています。
  • その他マイナーフィックス
  • これまでの検証中フィルタはメインへ

アプリで更新してもすぐには、反映されなかったり、ブロックされない場合がありますが、時間が経てば直ります。気になる場合は再起動や、コンテンツブロッカーのオンオフをしてみてください。

アイコンは投票結果から3に変更します。申請はまだもう少し先になりそうです。

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効ですよ」「有効ではないですよ」のどちらかが表示されます。
2016年1月30日のルールが有効で はないですよ。
(今回の定義ファイルでは「検証中」の中にこの機能を入れています。次の定義ファイルからはアプリの広告ブロック・1blockerのメインに入れます。)

現在、機能拡張版をギャラリー申請中です

OS Xの機能拡張版を現在ギャラリー申請中で返事待ち。通れば自動更新が可能になります。
ただし、機能性に乏しいのでリジェクトされる可能性はあると思っています。

iPhoneのアプリのアイコンは次回更新時に変えようかなと思ってます。
アンケート) http://tally.tl/QDNL9
案)

アプリ更新のお知らせ(ver 2.0)

コンテンツブロッカー280がver2.0になりました。

  • フィルタのオンオフが付きました。
  • ホワイトリストが付きました。
  • 定義ファイルの更新機能が付きました。
  • 定義ファイルが最新版になりました。

アプリの機能追加はここで終了の予定です。さらなる高機能を求められる方は1blockerを検討してください。
今後は、ゆっくりとしたペースで定義ファイルの更新をしていく予定です。

定義ファイルを更新しました

すべてファイルの広告ブロックの定義ファイルを1月17日版に更新しました。

  • 不具合がでるためgoogletagserviceのブロックを消去
  • cookpad,geocitiesなど個別サイトの対応をしました。
  • 1blocker向け定義ファイルはSNSアイコン関連を分離
  • Mac OSX機能拡張は名称を280blockerへ変更

iPhone/iPadアプリについては現在、次期バージョンの申請中です。次期バージョンから広告ブロックフィルタをアプリ内での更新できるようになります。

定義ファイルの更新をしました

配布している定義ファイルの更新をしました。

  • WSJがiPadなどから閲覧すると空白になる不具合の修正
  • pinterest引用記事が表示されない問題の修正
  • ルール追加

アプリについては現在機能更新を行っている最中ですので、更新が少し先になります。