iPhoneのコンテンツブロッカーの設定が薄くなっていて使えない

この質問はよく見かけますが、iPhoneの機能制限がオンになっているのが原因の事がほとんどです。

iPhoneの設定→一般→設定→機能制限→webサイトが「アダルトコンテンツを制限」になっていませんか?
これを「すべてのwebサイト」へ変更すればコンテンツブロッカーが使えると思います。
「アダルトコンテンツの制限」は実際あまり効果がありませんので、「すべてのWEBサイト」にしておいて良いと思います。

ちなみに、コンテンツブロッカーの設定の設定が終われば、再びwebサイトの機能制限をオンにしても大丈夫です。

定義ファイルを更新しました(1014)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • dropbooksやその他報告していただいた新しい広告への対応
  • SNSアイコンへの対応
  • getpocketの不具合の解消
  • benesseの新しいバナーへの対応
  • Dlsiteへのリンク消しすぎだったのを修正
  • 小学館の全国統一青春偏差値テストで結果がでない問題の修正

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広告ブロックをオンにした状態で、上記が「最新のルールが有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

定義ファイルを更新しました(1010)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • 報告いただいた広告への対応
  • アクセス解析ブロック対応の増加
  • SNSアイコン消しの対応
  • feedlyアイコン消しの対応
  • evernoteのSNSアイコン消しが不具合を起こしていたので修正

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年10月10日版のルールが有効ではないです。
10月04日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

定義ファイルを更新しました(1004)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。
今回の変更箇所はわずかです。

  • pixiv,yahooなどの広告対応
  • 細かな不具合の対応
  • 新しい広告サーバの対応
  • snsアイコンの一部対応

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年10月04日版のルールが有効ではないです。
9月29日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

定義ファイルを更新しました(0929)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • yahooの広告の対応追加
  • SNSアイコン消しの強化
  • cnnの表示不具合の対応
  • その他報告いただいたサイトの対応
  • antilockサイトへの対応

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年09月29日版のルールが有効ではないです。
9月24日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

有料コンテンツブロッカーの比較(2016年9月)

iPhoneのアップストアで「広告ブロッカー」(Mayo Donburi)というアプリが急に人気が出てきて気になったので、性能比較を行いました。

使ったのは、有料コンテンツブロッカー3種類(280,広告ブロッカー,Adバスター)です。
比較にはソーシャルフォロワー数の多いサイト(ソース:prtimes)を使用しました。具体的には日経新聞、モデルプレス、livedoorニュース、朝日新聞、response、spotlight-mediaの7サイトのトップページと個別記事を使用しデータ通信量を計測しました。(14サイト × 3アプリ,元データの56回計測しています)

データ通信量の結果は、280blockerが51%減、広告ブロッカーが32%減、Adバスターが30%減となりました。

hikaku0923
「広告ブロッカー」ですが、10月下旬にブロックされるものが大幅に増え、それに伴って必要なサイトまで表示されなくなることが増えましたので使用はおすすめしません。
動作から想像するに、ほとんどが単純にAdawayJPとhosts2chを変換しただけで、細かな修正やアップデートはしていないように見えます。(11月に追記・修正)

「広告ブロッカー」の感想ですが、ブロック性能は平均的、機能も非常にシンプルなアプリで、広告ブロックを初めて使う方には良いアプリと思います。
空白スペースが残ったり一部の広告が消えていないなどの欠点はありますが、調べた範囲では誤爆(必要なコンテンツをブロック)はほぼなかったので、安心して使えます。
コンテンツブロッカー対策しているサイトの大半も問題なく見られますし、不具合の少なさが長所と思います。(11月に削除しました。)

280blocketと比べると、280blockerの方がサイト表示が速く、広告がさらに消えますので、280blockerへ乗り換えをおすすめです。(そりゃ作者ですし)
ちなみに「広告ブロッカー」でブロックしているものは280blockerでもほぼすべてブロック済みですので、280blockerに「広告ブロッカー」を追加する意味はありません。

検証結果データ(zip)

定義ファイルを更新しました(0924)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • fc2,goo,tenki.jp,その他多数のサイトのバナー、広告
  • 空白になっていたページの修正

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「最新版のルールが有効です。旧版のルールは消えています。」となればOKです。
2016年09月24日版のルールが有効ではないです。
9月19日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

アプリの有料化について(9月21日から)

280blockerは、2015/09/21に某掲示板のコンテンツブロッカースレッドで280番目に書き込んだところから始まりました。
1年間更新を続けてきましたが私の環境に変化があり、作業時間、維持費とも厳しい状況です。

お世話をしないといけない家族が出たりして余裕の時間がほとんどありません。その状況で結構なお金・時間を使って280blockerの維持を続けていくのが理解を得られにくい状況です。

という事で、アプリのみ有料化します。
ただ、ここまで良いアプリになったのは、ユーザのみなさんに広告を報告していただいたり、他人に勧めていただいたりしたおかげだと思いますので、これまで使っていたユーザには何も変わらないように配慮させていただきます。

<今後の方針>
過去にアプリダウンロードした方はこれまで通り無料です。1blocker形式ファイル、ABP形式ファイル、定義ファイルの配布はこれまで通り。
Q&Aのページにセールの情報を書いておきますので、新規ユーザの方でもそれを待てば無償で手に入るようにします。

上記のことで更新頻度がやや落ちるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

定義ファイルを更新しました(0919)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • 報告いただいたサイトへの対応
  • antilockサイトへの対応

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年09月19日版のルールが有効ではないです。
9月17日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。

定義ファイルを更新しました(0917)

アプリ、1blocker、ABP版の更新をしました。

  • wikiの大きすぎるバナー
  • 報告いただいたサイトの広告・巨大な空白など

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年09月17日版のルールが有効ではないです。
9月3日版のルールは消えています。

アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードし直してください。