1blockerが不安定・強制終了する場合

1blockerですが、iOS版、Mac版ともに定義ファイルを読み込ませると不安定になります。
これは、大きなサイズのユーザ定義があるとiCloud同期の動作不具合が起こるのが理由です。
iCloudをオフにすると改善されますので、iOSの場合は、設定→iCloud →iCloud Drive→1blockerをオフにしてみてください。

 
ちなみに現在、アプリ(280blocker)のiOS10対応と通信のSSL化の変更を行い、App Storeにアップデートの申請中です。
通過したら改めてお知らせします。

icab mobileの広告ブロック機能について

icab mobileでは、ABP形式(AdblockPlus形式)のファイルが読み込めますが、不完全な対応のため一部のルールが動きません。

具体的には、下記のような除外ドメインを指定した場合です。

||ad.com$domain=~example.com  (example.com以外では、ad.comをブロック)
~example.com##.ads ( example.com以外では、.adsを非表示に)

ですので、safariでは消える広告や空白の一部が、icab mobileでは消えません。
この問題は代替となる方法がありませんので、icab mobileの対応待ちとなります。

サイトのSSL化、一部ファイルURLの変更について

このサイトをSSLへ対応したため、http://70i.netからhttps://70i.netへ変更となりました。
また定義ファイルのURLが下記へ変更となっています。古いURLでもリダイレクトされるのでアクセスはできます。

ちなみに、280blockerのMac OSX機能拡張はメンテナンスを終了しました。今後は1blocker for MACを使ってください。

今後の予定ですが、次期iOSあたりから通信のSSL化が推奨されるため、アプリの定義ファイルの更新部分の通信を暗号化(SSL)します。

1Blocker for Macリリース

Mac OSX用の1Blockerがリリースされました。
ルールごとのオン・オフが可能で、ホワイトリストも付いてしますし、.1blockpkgファイルを使うことも可能です。
1blockerへのインポートは、.1blockpkgファイルをダブルクリックするだけです。

今後はMac OSX用の280blockerはほぼ更新しませんので、
Mac OSX用の280blockerを使ってらっしゃる方はこちらへ移行をお願いいたします。

1blocker ver1.2.1で定義ファイルが読み込めません

1blockerがバージョンアップしたことに伴い、不具合が出ています。
大きなサイズの定義ファイル(1blockpkg)ファイルが読み込めません。
70i.netで配布しているファイルだけでなく、他のサイトで配布されているものも同様です。

このタイミングで1blocker形式とアプリの定義ファイルを更新しています。
空白・空きスペースの削除を大幅に強化(不具合が出るかもしれません)
報告のあったサイトの対応

<有効性のチェック>
コンテンツブロッカーをオンにしてこの記事を確認してください。「有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
2016年3月4日版のルールが有効ではないです。
2月27日版のルールは消えています。

WWDR証明書期限切れの問題について(safariの開発者向け)

2016/02/15にapple開発者向けの証明書期限切れの問題がありました。
iOSおよび、MAC APP開発者は有効期限切れのWWDR Certificateを削除して、更新すれば終わりなのですが、Safariの機能拡張の場合はこれだけでは解決しません。
OSをOS X El Capitan v10.11.4 beta 3にバージョンアップする必要があります。

https://developer.apple.com/support/certificates/expiration/

日本語ではどこにも情報がなかったので書いておきます。