【祝】iOS10.3.2 beta3で重大なバグが修正されました。

iOS10.3で発生したコンテンツブロッカーのバグは、2017/4/18にリリースされたiOS10.3.2 beta3で修正されていました。
全てのパターンでの検証はしていませんが、[class^=’xxx-‘]が正しく動作する事をひとまず確認しました。

<バグの詳細について>
コンテンツブロッカーで要素非表示ルールの多くが動作しなくなるバグです。
“[“が使われているルールは動作せず無視されます。例えば、[id*=’yyy’]のようなものは全く動きません。
その他も色々動作しないものがありました。正しく動作する要素非表示のルールは .xxxxx や #yyyyのみだったように思います。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。
iOS10.3、iOS10.3.1、iOS10.3 beta 全て、iOS10.3.2 beta1~2にバグがあります。iOS10.3.2 beta3で修正されました。


別件ですが、hostファイルをworkflowで動くように再度修正しました。workflowは便利ですので、コピペが面倒な方は使ってみるのが良いかと思います。

定義ファイルを更新しました(0417)

アプリ、1blocker、ABP版ファイルを更新をしました。

  • SNSアイコンへの対応を大幅に改善しました。
  • 報告いただいた広告への対応
  • アンチアドブロック対策(某dbサイトなど)

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●一部のフィルタが動作していない不具合が起こっています(iOS10.3)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iOS10.3のコンテンツブロッカーの不具合について。
iOS10.3系の正式版・ベータ版のiPhone/iPad/iPodで起こり、要素非表示ルールの多くが動作しません。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。しばらく待てばiOSも修正されると想定していますが、iOS10.3.2 beta2で未修正です。

最近届いた質問へのお返事

・ソフトバンクのスーパーフライデー
今月はサーティワンですが、コンテンツブロッカー280は問題ありません。
Futuremind Adblock、広告ブロッカー、Adfilterなどは先月と同じく問題が出ましたので、クーポン表示するときはオフにして使ってください。

・コンテンツブロッカーのバグについて
ios10.3.2 beta3でもコンテンツブロッカーのバグは修正されていません。
280blockerでは工夫することで出来る限りバグを回避している状況が続いています。

・コンテンツブロッカー280の定義ファイルの更新が早すぎて大丈夫ですか?という質問
iPhone側の回線状況が良ければ1秒以下で更新終了するので普通です。
コンテンツブロッカー280は、配信側のwebサーバやCDNに毎月それなりにお金をかけています。その他色々工夫して更新を高速化しつつ、エラーをおこらないようにしています。

・広告を報告いただく方へお願い
報告はありがたいのですが、広告のドメインやURLだけを書かれても、どのように対応したら良いか少し困っています。
これを信じてそのまま全てルールへ追加した結果、不具合が起きた事が過去に何度かあって慎重になっています。
実際にiPhoneで広告が表示されるページを書いてください。実際に広告が表示されて、消せる事を確認してルールへ追加したいです。

定義ファイルを更新しました(0414)

アプリ、1blocker、ABP版,Futuremind Adblock用ファイルを更新をしました。

  • アンチアドブロック対策(ギーク速報など)
  • app-adforceをブロックするとゲーム起動に支障が出るようなのでhostファイル更新
  • 報告いただいた広告への対応

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●一部のフィルタが動作していない不具合が起こっています(iOS10.3)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iOS10.3のコンテンツブロッカーの不具合について。
iOS10.3beta、iOS10.3正式版、iOS10.3.2 beta1のiPhone/iPad/iPodで起こり、要素非表示ルールの多くが動作しません。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。しばらく待てばiOSも修正されると想定しています。

定義ファイルを更新しました(0410)

アプリ、1blocker、ABP版,Futuremind Adblock用ファイルを更新をしました。

  • 報告いただいた広告への対応
  • Netflixの不具合への対応
  • Adchoice広告への対応
  • 空白スペース削除の改善
  • その他報告いただいた広告への対応
  • FuturemindAdBlockのドメイン名を追加

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●一部のフィルタが動作していない不具合が起こっています(iOS10.3)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iOS10.3のコンテンツブロッカーの不具合について。
iOS10.3beta、iOS10.3正式版、iOS10.3.2 beta1のiPhone/iPad/iPodで起こり、要素非表示ルールの多くが動作しません。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。しばらく待てばiOSも修正されると想定しています。

定義ファイルを更新しました(0408)

アプリ、1blocker、ABP版ファイルを更新をしました。

  • 報告いただいた広告への対応
  • Google AMPの広告タグへ対応
  • その他細かな修正

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●一部のフィルタが動作していない不具合が起こっています(iOS10.3)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iOS10.3のコンテンツブロッカーの不具合について。
iOS10.3beta、iOS10.3正式版、iOS10.3.2 beta1のiPhone/iPad/iPodで起こり、要素非表示ルールの多くが動作しません。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。しばらく待てばiOSも修正されると想定しています。

定義ファイルを更新しました(0330)

アプリ、1blocker、ABP版ファイルを更新をしました。
iOSのバグは、iOS10.3.2 beta1(14F5065b)でも未修正です。

  • iOS10.3のバグの影響を減らすためのリリースです。バグを回避するフィルタを増やしています
  • バグ回避フィルタはメインのルールへ移動させました
  • 全てを回避できわけではありませんので、一部消えない広告があります。
  • 報告いただいた広告への対応

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
●iPhoneの方は一部のフィルタが動作していません(iOS 10.3のバグが原因です。iOSのアップデートを待ってください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iOS10.3のコンテンツブロッカーのバグについて。
iOS10.3beta、iOS10.3正式版、iOS10.3.2 beta1のiPhone/iPad/iPodで起こり、要素非表示ルールの多くが動作しません。
safariのレンダリングエンジンであるwebkitのバグによるもので、2017/3/24にwebkitの修正パッチが公開されました。
しばらく待てばiOSの方も修正されると想定しています。

定義ファイルを更新しました(0328)

アプリ、1blocker、ABP版ファイルを更新をしました。

  • iOS10.3のバグの影響の対応のためのリリースです
  • 検証中ルールに対策を入れました
  • バグ回避のためYahooの広告対応方法の変更
  • 報告いただいた広告への対応

ーーーーー有効性のチェックーーーーー
●最新のルールが有効ではないです。
●古いルールは消えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広告ブロックをオンにした状態で、上記が「最新のルールが有効です。古いルールは消えています」となればOKです。
アプリ版で更新がうまくいかない場合は、1日待ってもう一度更新するか、アプリを削除してダウンロードしてください。

iOS10.3正式版のバグの状況

iOS10.3ではコンテンツブロッカーの要素非表示系で多用されるルールが無視されて動作しないバグがあります。
古いiOSからiOS10.3にアップデートした直後は動くこともありますが、端末を再起動するとこのバグが必ず出現するようです。
このバグにより、コンテンツブロッカーアプリの多くが影響を受けます。
(ドメイン名でブロックする機能しかないコンテンツブロッカーアプリは影響ありません。)

具体的には[xxxx=’yyyy’]という形式が全く動作しません。例えば、[id=’ad”]や[class^=’ad1′]、[href*=’adhost’]などが動きません。
これに伴い、iOS10.2のコンテンツブロッカーで消えていた広告や空白の一部が消えなくなってしまいました。

webkit.orgの方で修正パッチが出ています。(チェンジセット 214358 – WebKit)
おそらくiOSのバージョンアップでこの修正パッチが取り込まれて直ると思われますが、少し先になるかと思います。

280blockerについては出来る限り影響を減らすように様々な工夫をして修正版の定義ファイルをリリースしました。
ただ、全体の10~20%のルールはどうにも対応できませんので、OSが修正されるまで待つしかない状況です。

iOS10.3再起動するとbugが復活しました

iOS10.3のbugですが、10.3にアップデート後、不具合なく動作する事を複数の端末で確認したのですが、iPhoneを何度か再起動すると不具合が復活しました。

不具合が出ると、要素非表示の一部の動作が動かなくなり、広告が残ったり、広告の空白が少し残ります。

予想外の動作で戸惑っています。どういう条件で不具合がでるかは不明ですが、再起動はしないほうが良いようです。